MENU

妊婦の青汁は無添加なら大丈夫

妊娠中でも大丈夫な青汁の情報をまとめています。

 

そして特に気になる、
添加物が胎児に与える影響
についても本当のところに迫ってみました。

 

妊娠中に心配な添加物は?

選び方

 

妊娠中は体の変化にともない、つわりや便秘などで食生活が乱れがちになり、栄養のバランスを保つのが難しい時期です。

 

しかも赤ちゃんの為にもしっかりと栄養は摂らなければならないのに妊娠中のママにとっては何かと大変なことばかりです。

 

青汁は食物繊維をはじめ、妊娠中に必要なビタミンミネラルが豊富に含まれているので飲むだけで簡単に補給栄養することができます。

 

ですから、食欲の無い時や栄養のバランスを保つために手軽に活用できる健康食品です。

 

実際に青汁を活用されている妊婦さんもたくさんいるようですが、気をつけてもらいたいのは添加物についてです。

 

青汁は健康食品ですので基本的には心配ありませんが、長く常用する場合はやはり無添加のものをおすすめします。

 

青汁に含まれる添加物には人工甘味料や保存料が含まれているものがあります。

 

人工甘味料は低カロリーやカロリーゼロとしてダイエット向けの商品などによく使用されます。

 

イギリスの科学誌ネイチャーでは、もっとも広く使用されている人工甘味料のサッカリン・スクラロース・アスパルテームの摂取により、肥満や耐糖能異常を起こす傾向にあり、糖尿病のリスクを高めるという論文の発表がされました。

 

さらに保存料に使用される安息香酸Naやソルビン酸には発がん性のリスクがあるとされています。

 

お腹の赤ちゃんには解毒作用が弱い

妊娠中のママが体内に有害物質を取り込むことによって、お腹にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があると指摘されています。

 

お腹にいる赤ちゃんは内臓や各器官がまだ未熟な状態ですから、体内に有害物質が入ってきても大人のように解毒する力がありません。

 

大人にとって少量の有害物質であっても、体内の赤ちゃんにとっては大きなダメージとなってしまいます。

 

お腹の赤ちゃんはママの摂る栄養が全てですから、安全な栄養を赤ちゃんに届ける為にできるだけ危険性の無いものを摂るように心がけましょう。

 

添加物には無害なものもある

一口に添加物といってもその種類は数えきれないほどあり、中には全く安全性には問題の無いものもたくさんあります。

 

アセロラやレモンなどから抽出されるビタミンCなども添加物として扱われますので、添加物に関しては製品表示の内容を良く確認することが大切です。

 

青汁はさまざまはメーカーから販売されていますが、青臭さや飲みにくさを解消する為に甘みを加えているものがありますので、その場合は人工甘味料ではなくオリゴ糖などを配合したものがおすすめです。

 

妊娠中に飲んでも大丈夫な青汁ランキング

妊婦が飲んでも大丈夫な安全な青汁をランキングでまとめました。

 

妊婦も大丈夫な青汁1位 美力青汁


妊婦も大丈夫な青汁1位 美力青汁の特徴

美力青汁の特徴は、
・天然原料だけの無添加青汁だから妊娠中も安心
・葉酸、鉄分、乳酸菌、オリゴ糖など妊婦に必要な栄養をしっかりと配合
・有名エステティシャンの高橋ミカさんの妊娠体験から生まれた妊婦目線の青汁
といった点があります。

価格 容量 評価
定期コース3,145円(税別) 1箱30包(約1ヶ月分)  妊婦,青汁,大丈夫
原材料
難消化性デキストリン、大麦若葉末、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖果糖オリゴ糖、乳酸菌(EC-12)、 葉酸含有酵母、鉄含有酵母(主原料原産地:九州)
備考
定期コースは3回以上継続が条件
美力青汁の総評

主原料に九州産の大麦若葉が使用されており、化学合成された添加物が一切使われていないので安心して飲める青汁です。妊娠中に特に必要とされる葉酸・鉄分・乳酸菌が配合されていますから、栄養バランスを重視される妊婦さんにおすすめの商品です。

妊婦も大丈夫な青汁2位 粉末青汁


妊婦も大丈夫な青汁2位 粉末青汁の特徴

粉末青汁の特徴は、
・野菜だけを使った完全無添加の青汁
・ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤの栄養を1包に10gも配合した濃い青汁
・いろんなものと混ぜて飲めるので飽きにくい
といった点があります。

価格 容量 評価
税別4,500円 1箱10g×30袋(約1ヶ月分)  妊婦,青汁,大丈夫
原材料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
備考
定期コースではなく1回ごとの購入です
粉末青汁の総評

とにかく良質な野菜の栄養だけをたっぷりと摂りたいという方にピッタリの青汁です。野菜以外のいろいろな有効成分が含まれたものが多い中で、野菜以外には何も含まれていない王道の青汁です。安心して飲めます。

妊婦も大丈夫な青汁3位 ふるさと青汁


妊婦も大丈夫な青汁3位 ふるさと青汁の特徴

ふるさと青汁の特徴は、
・人工甘味料や保存料など化学合成添加物を一切使用していない
・あしたば、桑の葉、大麦若葉と青汁の基本となる原料をしっかりと配合
・手ごろな価格設定と返金保証・無料サンプルつきで試しやすい
といった点があります。

価格 容量 評価
定期コース3,420円(税別) 1箱30包(約1ヶ月分)  妊婦,青汁,大丈夫
原材料
あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末
備考
定期コースは何回からでも休止・中止・変更可能
ふるさと青汁の総評

マタニティーマークとのタイアップ広告など妊婦さんに向けてのPRを積極的に行っている商品です。安心して飲める内容になっていますし、定期コースの回数の縛りがないことや返金保証など試しやすさが魅力です。

 

妊婦に大丈夫な青汁で一番のおすすめは美力青汁

おすすめ

 

妊婦にも大丈夫な青汁として何点かをご紹介してきましたが、中でも一番のおすすめが美力青汁です。

 

妊娠体験から生まれたということで、飲みやすさや価格だけでなく、栄養面でも押さえるべきところがしっかりと押さえられています。

 

妊娠中はホルモンバランスの関係で便秘になりやすいことが知られていますが、便秘予防に役立つオリゴ糖や乳酸菌が配合されている点もありがたいですね。

 

やはり妊娠中は妊婦専用の青汁が一番しっくりくると言えそうです。

 

安心感・配合内容・価格などを総合的に考えると、やはり美力青汁が一番おすすめできます。

 

公式サイトではお得な料金プランや特典が用意されていますし、類似品や偽物も出回っていますから、確実に正規品を入手するためにも公式サイトをご確認ください。

 

公式サイトは以下のボタンをクリックしてアクセスしてください。